METAL HAMMER JAPAN

METAL HAMMER JAPAN 編集部ブログ

ミカエル・オーカーフェルト/オーペス【『METAL HAMMER JAPAN Vol.7』より】

約20年前に発起したメタルコアは、ある意味では成熟の域に達しているジャンルとも言えるが、そのシーンからは常に強烈な個性を持ったバンドが今も多く輩出されている。そのなかでも、正統派とも言えるアプローチで界隈を牽引するのが英国出身のベリー・トゥ…

ブルース・ディッキンソン/アイアン・メイデン【『METAL HAMMER JAPAN』Vol.7より】

約20年前に発起したメタルコアは、ある意味では成熟の域に達しているジャンルとも言えるが、そのシーンからは常に強烈な個性を持ったバンドが今も多く輩出されている。そのなかでも、正統派とも言えるアプローチで界隈を牽引するのが英国出身のベリー・トゥ…

KOBAMETALインタビュー/《10 BABYMETAL LEGENDS -EXHIBITION- 》開催記念

約20年前に発起したメタルコアは、ある意味では成熟の域に達しているジャンルとも言えるが、そのシーンからは常に強烈な個性を持ったバンドが今も多く輩出されている。そのなかでも、正統派とも言えるアプローチで界隈を牽引するのが英国出身のベリー・トゥ…

イングヴェイ・マルムスティーン、コロナ禍を語る

各国のミュージシャンが語る<新型コロナ・ウィルス対策>の現状Photo by William Hames メタル・ミュージシャンに世界のコロナ事情を聞くインタビュー。その第13回は、米マイアミより“王者”イングヴェイ・マルムスティーンが見参! コロナ禍が徐々に回復へ…

ポール・ギルバート【メタルハマー・ジャパンVol.6より】

約20年前に発起したメタルコアは、ある意味では成熟の域に達しているジャンルとも言えるが、そのシーンからは常に強烈な個性を持ったバンドが今も多く輩出されている。そのなかでも、正統派とも言えるアプローチで界隈を牽引するのが英国出身のベリー・トゥ…

ラム・オブ・ゴッド/ランディ・ブライズ【メタルハマー・ジャパンVol.6より】

約20年前に発起したメタルコアは、ある意味では成熟の域に達しているジャンルとも言えるが、そのシーンからは常に強烈な個性を持ったバンドが今も多く輩出されている。そのなかでも、正統派とも言えるアプローチで界隈を牽引するのが英国出身のベリー・トゥ…

GOJIRA(ゴジラ)【メタルハマー・ジャパンVol.6より】

約20年前に発起したメタルコアは、ある意味では成熟の域に達しているジャンルとも言えるが、そのシーンからは常に強烈な個性を持ったバンドが今も多く輩出されている。そのなかでも、正統派とも言えるアプローチで界隈を牽引するのが英国出身のベリー・トゥ…

サージ・タンキアン/システム・オブ・ア・ダウン【メタルハマー・ジャパンVol.6より】

約20年前に発起したメタルコアは、ある意味では成熟の域に達しているジャンルとも言えるが、そのシーンからは常に強烈な個性を持ったバンドが今も多く輩出されている。そのなかでも、正統派とも言えるアプローチで界隈を牽引するのが英国出身のベリー・トゥ…

ゲイリー・ホルト(エクソダス)、コロナ禍を語る

各国のミュージシャンが語る<新型コロナ・ウィルス対策>の現状 メタル・ミュージシャンに世界のコロナ事情を聞くインタビュー。第12回は、ゲイリー・ホルト(エクソダス)の登場だ。コロナ禍による音楽市場の変化について話を聞いたところ、新作についても“…

ポール・ギルバート、コロナ禍を語る

各国のミュージシャンが語る<新型コロナ・ウィルス対策>の現状 メタル・ミュージシャンに世界のコロナ事情を聞くインタビュー。その第11回は、オレゴン州ポートランド在住のポール・ギルバートが、現地のコロナ事情、そしてオンラインのショウとレッスンに…

エイミー・リー/エヴァネッセンス【メタルハマー・ジャパンVol.5より】

約20年前に発起したメタルコアは、ある意味では成熟の域に達しているジャンルとも言えるが、そのシーンからは常に強烈な個性を持ったバンドが今も多く輩出されている。そのなかでも、正統派とも言えるアプローチで界隈を牽引するのが英国出身のベリー・トゥ…

トビアス・フォージ/ゴースト【メタルハマー・ジャパンVol.5より】

約20年前に発起したメタルコアは、ある意味では成熟の域に達しているジャンルとも言えるが、そのシーンからは常に強烈な個性を持ったバンドが今も多く輩出されている。そのなかでも、正統派とも言えるアプローチで界隈を牽引するのが英国出身のベリー・トゥ…

カイ・ハンセン/ハロウィン

メタル・ミュージシャンに世界のコロナ事情を聞くインタビュー。その第10弾は、初の7人編成アルバムのリリースも決定しているハロウィンのカイ・ハンセンが登場。ドイツでのコロナ対策の状況、そして現在もうひとつの拠点であるスロバキアにおける音楽作業に…

ウィル・ハント/エヴァネッセンス

メタル・ミュージシャンに世界のコロナ事情を聞くインタビュー。第9弾となる今回は、実に10年ぶりとなるオリジナル・スタジオ作『ザ・ビター・トゥルース』を発表するエヴァネッセンスより、バンドの屋台骨であるドラマーのウィル・ハントに登場願おう。バイ…

リー・ドリアン、クリスマスの思い出を語る

『METAL HAMMER JAPAN Vol.4』&オフィシャルWEBにて、ブラック・サバスについて語ってくれたリー・ドリアンだったが、その会話の最中、クリスマスでのマイケル・アモットとの思い出も語ってくれたのだった。ここではそんなひと幕をご紹介!

リー・ドリアン、ブラック・サバスを語る

『METAL HAMMEAR JAPAN Vol.4』でのブラック・サバス『パラノイド』特集にて、[英式闇滅低音を継ぐ男 リー・ドリアンの『パラノイド』考察]としてサバス&同作への冷静な分析と情熱的な愛情を語ってくれたリー・ドリアン。ここでは、本篇には収まりきらな…

ビル・スティアー/カーカス

メタル・ミュージシャンに世界のコロナ事情を聴くインタビュー、その第9弾は“リヴァプールの残虐王”カーカスより、ビル・スティアーの登場だ。10月には最新EPをリリースし、フル・アルバムも完成済みという彼らだが、やはりコロナの影響によってリリース時期…

ダニ・ウィンター・ベイツ/ベリー・トゥモロー【メタルハマー・ジャパンVol.3より】

約20年前に発起したメタルコアは、ある意味では成熟の域に達しているジャンルとも言えるが、そのシーンからは常に強烈な個性を持ったバンドが今も多く輩出されている。そのなかでも、正統派とも言えるアプローチで界隈を牽引するのが英国出身のベリー・トゥ…

The Documentary/炎立つスラッシュ・メタルの1986年【メタルハマー・ジャパンVol.3より】

過激さを追求する現代メタルの源流となる音楽こそ、1980年代に発起したスラッシュ・メタルだ。本稿は、そんなスラッシュ・メタルの輝ける時間=1986年を正鵠にしたドキュメンタリーである。ここでは物語の中心的存在=メタリカのメンバーを筆頭に、デイヴ・…

The Documentary/ジューダス・プリースト 【メタルハマー・ジャパンVol.3より】

1980年が幕を開けたとき、ジューダス・プリーストは世界へと羽ばたく準備を終えていた。あとは“このアルバム”による最後のひと押しが必要なだけだ。それから40年、これが『ブリティッシュ・スティール』にまつわるストーリー。

ランディ・ブライズ/ラム・オブ・ゴッド 【メタルハマー・ジャパンVol.3より】

本年7月にリリースされたラム・オブ・ゴッドの新作『Lamb of God』は、もう聴かれたことだろう。5年ぶり、かつバンド名を冠する作品ということで、その内容は素晴らしいのひと言。まさに獣の如く襲いかかるヴォーカル、エッジと粘りを両立させるギター・ワー…

ビリー・シーン

9月16日発売の『METAL HAMMER JAPAN Vol.3』では《ビリー・シーンが振り返る MR.BIGと“ライヴ・アルバムの時代”》と題し、MR.BIGの歴代ライヴ・アルバムに合わせて、その時々の心情、バンド内の空気を語ってくれたビリー・シーン。ここでは本篇には収まりき…

ダニ・ウィンター・ベイツ/ベリー・トゥモロー

メタル・ミュージシャンに世界のコロナ事情を聴くインタビュー、その第8弾は、英メタルコアの最前線を走るベリー・トゥモローのダニ・ウィンター・ベイツが話を聞かせてくれた。去る8月に最新作『カニバル』をリリースしたベリー・トゥモローだったが、本作…

キコ・ルーレイロ/メガデス

メタル・ミュージシャンに世界のコロナ事情を聞くインタビュー、その第7弾は、アングラにしてメガデスのギタリスト、キコ・ルーレイロに話を聞いてみよう。ブラジル出身のキコではあるが、取材時はフィンランドに滞在していた彼。しかし、アングラのメンバー…

トム・エンジェルリッパー/ソドム

メタル・ミュージシャンに世界のコロナ事情を聞くインタビュー。その第5弾は、ハロウィンの最古参メンバー、マイケル“ヴァイキー”ヴァイカートが登場。現在はスペイン領カナリア諸島に属するテネリフェ島に済むヴァイキー。昨年からアルバム作りを進めており…

マイケル・ヴァイカート/ハロウィン

メタル・ミュージシャンに世界のコロナ事情を聞くインタビュー。その第5弾は、ハロウィンの最古参メンバー、マイケル“ヴァイキー”ヴァイカートが登場。現在はスペイン領カナリア諸島に属するテネリフェ島に済むヴァイキー。昨年からアルバム作りを進めており…

マイケル・アモット/アーチ・エネミー 【メタルハマー・ジャパンVol.3より】

各国のミュージシャンが語る<新型コロナ・ウィルス対策>の現状 メタル・ミュージシャンに世界のコロナ事情を聞くインタビュー。今回お届けするのは、母国スウェーデンに居を構えるマイケル・アモット(アーチ・エネミー)だ。パンデミックが本格化するその…

デイヴ・ムステイン/メガデス 【メタルハマー・ジャパンVol.2より】

“People expect me to be invincible. It’s a lot of pressure!”―人々は俺が無敵であることを期待している。これってとても光栄なことだろ! 全世界がその縫い目から破れ始めた。テネシー州はナッシュビルにて、少なくともこの一週間はまさしくその言葉どお…

アマリー・ブルーン/ミルクル 【メタルハマー・ジャパンVol.2より】

アーティスト、女優、母親、反逆者。 耳の早いリスナーの間では、すでに数年前から話題に上がっていたMYRKUR。日本語ならば《ミルクル》と表記するこのプロジェクトは、フォーク・ミュージックとシンフォニック・ブラック・メタルを両軸に女性ヴォーカルによ…

キング・ダイアモンド 【メタルハマー・ジャパンVol.2より】

long live the king~キングよ、永遠なれ スラッシュ・メタルからデス、ブラック、ゴシックまで、現代の主流メタル・スタイルを生み出すための確かな源流のひとつとなるのが、デンマーク出身のミュージシャン、キング・ダイアモンドが作りあげた音楽群だ。[…